ニキビ肌に良いクレンジング、悪いクレンジング

ニキビができてしまった場合、クレンジングももちろん重要となります。しかしこのクレンジング、ニキビ肌によかれと思ってやっているのに実は逆効果だということが少なからずあります。そこで本当にニキビの改善につながる良いクレンジングというのを知る必要があります。

 

ニキビができたときにやりがちな間違いは、とにかく肌に油を残さないように強力なクレンジング剤で徹底的にクレンジングしてしまうことです。これは強力な洗顔料などを用いてとにかく油を根こそぎ奪ってしまうのと同じくやりがちなことです。

 

ニキビの原因は確かに毛穴に脂が詰まることですが、特に大人ニキビは慢性的な皮脂過剰よりも、圧倒的に体の不調を原因とした局地的な皮脂過剰によるものが多いのです。つまり、ニキビができたからといって常に肌がオイリーであるわけではないため、脂を落としすぎると皮脂が足りなくなって逆に肌トラブルを起こしたり、それを防ぐために肌が皮脂分泌量を増やして逆効果になったりするのです。

 

ニキビができてしまった場合は、洗顔もクレンジングも、とにかく肌に刺激を与えないことが重要です。肌に優しいオーガニックなクレンジング剤を用い、皮脂を落としすぎないように注意しましょう。もちろん皮膚に化粧の油を残すことは非常に良くないのですが、化粧を落としすぎることで皮脂を奪いすぎるのも同じくらいニキビにはよくありません。そのため、ニキビ時の化粧の選定から落としやすさを考慮して考えるべきです。