ニキビ肌に良い食べ物とは?

ニキビができやすいと感じる場合、食事面ではまずビタミンCが足りているかチェックが必要です。ビタミンCは非加熱で新鮮な野菜や果物を食べないと意外と摂取しにくい栄養素ですので、野菜や果物を意識して食べる必要があります。

 

またニキビは腸内環境の悪さを如実に反映して発生しますので、腸内環境を整える食物繊維等の栄養素も同時に補えると最適です。その点も考慮してニキビ肌に良い食べ物とはどういったものがあるか考えてみましょう。

 

まず第一にお勧めしたいのはりんごです。毎日1個のりんごが医者を遠ざけるなどという言葉もありますが、健康面だけでなく美容面にも効果的な食材なのです。りんごはビタミンC・食物繊維・ポリフェノールと美容の柱となるような重要な栄養素を持ち合わせていますので、美容のためには色々な食材を食べることが好ましいですが、どれか一つといわれれば断然りんごでしょう。

 

生のまま手軽に食べられるという点も大きなポイントです。りんごほどバランス良く重要な栄養素を持ち合わせる果物は多くありませんが、みかんやキウイなどのメジャーな果物でもビタミンCは十分に摂取できます。

 

腸内環境を整えるという観点ではヨーグルト・納豆などの発酵食品も欠かせません。特に便秘気味だったり便やおならが臭うなど、腸内環境が悪いことをうかがわせる点がある方は発酵食品で腸内環境の集中的な改善をすべきです。発酵食品は伝統的な日本食に多く、味噌や納豆・漬け物など和食を食べていれば自然と多くの発酵食品を口にすることになります。