ニキビ肌を治すために皮膚科に行くのが早い?

ニキビが肌にできてしまったとき、ほとんどの人は気にしないか、対処したとしてもニキビ用外用薬をちょっと塗る程度で、病院に行くことはないと思います。確かに小さなニキビが出るたびに病院に行っていたのでは時間とお金がいくらあっても足りないという方もいるでしょう。しかし、ニキビは一定以上進行すると色素沈着や傷跡など、長時間のこり続ける跡ができる可能性があります。ニキビ内で炎症が起こっている赤ニキビ以降は、立派な皮膚の炎症性疾患なのですから、特に肌を気にする女性はニキビが赤ニキビになってしまった段階で病院を訪れるのがベストです。

 

皮膚科ではニキビに有効で処方箋が必要な、殺菌作用と消炎作用の強い外用薬を出してもらうことができます。当然ながらドラッグストアなどで購入することはできず、市販薬よりはずっと効果的なものです。赤ニキビ以降のニキビはとにかく早く沈めることが重要ですので、このような強い薬で一気に炎症を止めてしまうのです。もちろんその後も経過を見ながらきめ細やかな治療を行ってもらえます。

 

ニキビで病院に行くというと、大げさだと考える人が多いのですが、皮膚科ではニキビ治療のためのノウハウも豊富に蓄積されていますし、もちろん「ニキビくらいで病院なんかに来て」などと思われることは絶対にありません。ニキビは私たちが想像するよりもずっと対処の難しい疾患ですので、どうもこじらせてしまったと感じたらすぐに病院に行くのが安全です。