ニキビ肌を治す塗り薬や飲み薬あるの?

ニキビができたとき、手っ取り早く確実に治す方法はやはり薬を用いることです。ニキビくらいで薬を使うのは…と考える方もいるかもしれませんが、ニキビはれっきとした皮膚の炎症性疾患であり、雑菌繁殖によって局地的な炎症を起こしている状態ですから、薬を使って速やかに殺菌を行い炎症を鎮めるのは理にかなったことです。またご存じの通り、ニキビは悪化すると跡が残る可能性があります。ニキビは基本的に殺菌成分と抗酸化物質を多く含んだ塗り薬と、必要に応じてビタミンB群・C+消炎剤を含む飲み薬を用いて治療します。ニキビ用の内服薬・外用薬は共に数多く販売されていますのですぐに見つかるでしょう。

 

では、ニキビができやすい肌を改善するための薬はあるでしょうか?ニキビ治療薬と比べてやや間接的ではありますが、飲み薬としては乳酸菌製剤やビタミン剤などが有効です。大人ニキビは結局のところ肌の問題と言うよりは体調・健康状態の問題ですので、特に肌に影響を及ぼす腸内環境を整えることと、肌に関連の深いビタミン類を摂取することがニキビの予防となります。また殺菌成分を含む化粧水やクリームなどを普段から用いるという美容対策もありますが、皮膚常在菌を平時から殺菌してしまうのは肌にとっても良くないことですので、あまり強くないものが用いられますし、そのような化粧水・クリームを普段から用いることはあまり一般的ではありません。いずれにせよ、基本的には健康状態を保つことを第一に考えるといいでしょう。