ニキビ肌にパックは使わないほうがいい?

肌に集中的に栄養を与える手段として、パックは家で手軽に行える優れたものです。なんとなく肌の調子が悪いと感じたら気軽にパックでケアしているという人も多いでしょう。ではニキビができたとき、同じようにニキビもパックで集中ケアすれば治るのではないか…と思うかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。

 

結論から言うと、ニキビ肌にパックはあまりよくありません。もちろんパックの配合成分にもよるのですが、そもそもパックの考え方とニキビはあまり相性が良くないのです。パックは集中的な肌ケアであり、美容液などと立ち位置は同じです。

 

美容液は効果は非常に高いですが、あくまで効果が最重視であり若干肌への刺激が強い傾向にあります。ですので美容液は基礎化粧品と違って、基本的に毎日使うものではありません。パックも美容液ほどではないにせよ、基礎化粧品よりもずっと肌への有効成分が多い一方で刺激も大きいものです。刺激はニキビを悪化させる最大の原因ですから、これが良くないことは明らかです。

 

また、パックは水分と栄養素を肌にたっぷりと補給しますが、ニキビは毛穴に皮脂が詰まっているだけでなく、皮脂の中に皮膚常在菌が増殖してしまっている状態です。この状態で水分や栄養ばかりを補ってしまうと雑菌のさらなる増殖を招く可能性が高いですし、水分でふやけてニキビの外側が崩れると跡が残る危険性があります。

 

ニキビができてしまったときに外からできることと言えば殺菌くらいで、それ以外には極力放っておくのが好ましいのです。そのため、パックはニキビ中は控えた方が無難です。